NAKAYAMA

Dedicated Sales Division

お問い合わせ・デモ
お申込み

Livecyte: 新規Publicationのご紹介

ハイコンテンツ生細胞解析システム『Livecyte』を使用した論文が新たに3つ追加されました。

1.Natural-like Chalcones with Antitumor Activity on Human MG63 Osteosarcoma Cellsでは、
  MG63ヒト骨肉腫細胞の細胞数や形状の経時変化より、薬剤の効果を評価しています。

2.Embigin is a fibronectin receptor that afeects sebaceous gland differentiation and metabolism
  では、Embiginを過剰発現させたマウス皮膚細胞の遊走性の変化を評価しています。

3.Nanospermidine in Combination with Nanofenretinide Induces Cell Death in Neuroblastoma Cell
  Linesでは、薬剤投与後、2種の神経芽腫細胞(NLF、BR6)の増殖性、ドライマス、細胞形状、
  遊走性などの多項目を評価しています。

これらの論文にご興味をお持ちの方は、以下リンク先をご参照ください。

“Natural-like Chalcones with Antitumor Activity on Human MG63 Osteosarcoma Cells”. Rossi, M. et al., Molecules, (2022). doi: 10.3390/molecules27123751

“Embigin is a fibronectin receptor that afeects sebaceous gland differentiation and metabolism”. Sipila, K. et al., Developmental Cell, (2022). doi: 10.1016/j.devcel.2022.05.011

“Nanospermidine in Combination with Nanofenretinide Induces Cell Death in Neuroblastoma Cell Lines”. Lodeserto, P. et al., Pharmaceutics, (2022). doi: 10.3390/pharmaceutics14061215

Livecyteの詳細はこちら