NAKAYAMA

Dedicated Sales Division

お問い合わせ・デモ
お申込み

SynVivoマイクロ流路チップ

SynVivo, Inc.

SynVivo,Inc.は、米国アラバマ州ハンツヴィルを拠点に、
バイオマイクロ流路チップを開発・製造している企業です。

Top 10 Innovations 2013

Top 10 Innovationsに選出されました

SynVivoマイクロ流路チップはThe Scientist誌による
Top 10 Innovations 2013にも選出されました。

マイクロ流路チップを用いたアッセイプラットフォーム

マイクロ流路チップを用いたアッセイプラットフォーム

SynVivo®とは、マイクロ流路チップを用いたアッセイプラットフォームです。これにより、実際の微小血管の形態を模倣することが可能になります。

微小血管のスキャンデータを基に、スライドグラス上のPDMS樹脂マイクロ流路チップにて、これらのレプリカを作製します。
SynVivo®では、このマイクロ流路のネットワークを用いることで、in vivoにおける細胞-細胞あるいは細胞-薬剤の相互作用、細胞のローリング・接着・遊走モデルなどを、In vitroで模倣することができます。

SynVivo®の形態的にリアルな環境では、生理的な流れが存在し、シェアストレス(剪断力)が働く条件下にて細胞を培養します。また、更に進んだ研究段階では、がんや組織の細胞を、このネットワーク内部・周囲にて、共培養することもできます。
この共培養ネットワークを用いて、血管内壁と細胞間隙の境界面や、その両側における細胞と薬物の挙動を研究することが可能になりました。

血液脳関門やその他の血管内皮細胞と組織細胞の境界などにおけるタイトジャンクションやギャップジャンクションの形成や輸送を模倣する場合もチャンネルや組織チャンバーの、サイズ、バリアのデザインに関して、オプション選択を各種御用意しております。

製品ラインナップ

リニア流路IMN1-LC

使用例
  • 直線部における、細胞の接着・遊走の観察
  • 直線部における、薬剤の動態観察
チップ外観
リニア流路IMN1-LC
流路図
リニア流路IMN1-LC
オプション
  • 深さ: 100µm
  • 流路幅 (W1 / W2 / W3):
    100µm / 100µm / 100µm
    250µm / 250µm / 250µm
    500µm / 500µm / 500µm
    100µm / 250µm / 500µm

分岐流路IMN1-BC

使用例
  • 分岐部における、細胞接着・遊走の観察
  • 分岐部における、薬剤の動態観察
  • 直線部と分岐部の観察を同時比較
チップ外観
分岐流路IMN1-BC
流路図
分岐流路IMN1-BC
オプション
  • 深さ:50µm or 100µm
  • 流路幅(WA):100 μm
  • 流路幅(WB + WC):
    50 + 50 μm、20 + 80 μm、33 + 67μm
  • 角度(θB/θC):
    15 + 15°、30 + 30°、45 + 45°、60 + 60°
    6 + 24°、10 + 20°、15 + 75°、18 + 72°、30 + 60°

共培養チャンバー流路IMN2

使用例
  • 細胞の接着・遊走の観察
  • 細胞間相互作用の観察
  • 薬物動態・拡散の観察
チップ外観
共培養チャンバー流路IMN2
流路図
共培養チャンバー流路IMN2
共培養チャンバー流路IMN2
オプション
  • 深さ:100μm
  • 外側流路幅(OC):100µm or 200µm
  • スリット長(T): 50µm or 100µm
  • スリット間隙(S): 50µm or 100µm
  • スリット幅(W): 2µm or 3µm

微小血管流路SMN1

使用例
  • 微小血管における、細胞接着・遊走の観察
  • 微小血管における、薬物動態の観察
  • ドラッグデリバリーや血管内フローにおける細胞形態の観察
チップ外観
微小血管流路SMN1
流路図
微小血管流路SMN1
オプション
  • 深さ: 100µm
  • 流路:14種

共培養流路SMN2

使用例
  • がん細胞の生理的・形態的観察
チップ外観
共培養流路SMN2
流路図
共培養流路SMN2
オプション
  • 深さ:100µm
  • 流路:14種

CD

カスタムデザインチップ

3D組織モデル キット

SynALI 3D肺モデルNEW

SynALIモデルは肺微小血管内皮細胞で構成される血管系と肺上皮細胞を共培養することで、気管支の気-液界面を模倣した、新しい肺モデルです。
細胞の形態、気道構造、細胞間相互作用、及び気道の機能(粘液輸送、繊毛運動、治療による改善など)を正常時と病態時の両方でリアルタイムに視覚化および定量化できます。

SynBBB 3D血液脳関門モデル

SynBBBモデルは、血液脳関門(BBB)のタイトジャンクションを介した内皮細胞と組織細胞間の分子のやり取りをin vitroで模倣しています。
脳組織細胞と内皮細胞の相互作用は、分子生物学解析や電気生理学解析を用い、容易に視覚化されます。

SynBBB TEER
SynBBB TEER
SynVivo電気抵抗測定装置
SynVivo電気抵抗測定装置
SynBBBモデルにおける共培養画像。
SynBBBモデルにおける共培養画像。
蛍光標識した小分子の浸潤をリアルタイムに視覚化。
蛍光標識した小分子の浸潤をリアルタイムに視覚化。

SynTox 3D毒性モデル

SynToxモデルは、in vivoと似た多細胞組織構造の一部を再現する3D組織モデルです。
独自の並列組織構造のため、血管内皮及び組織細胞全体での低分子輸送、薬物拡散をリアルタイムで調査します。細胞への毒物反応を解析したり、時間依存毒性を予測したりできます。

肝細胞はSynToxモデルで毛細胆管を形成する。
肝細胞はSynToxモデルで毛細胆管を形成する。
肝細胞は尿素を分泌し、時間依存的に濃度を増す。
肝細胞は尿素を分泌し、時間依存的に濃度を増す。
理想的なネットワーク
理想的なネットワーク

SynTumor 3D癌モデル

SynTumorモデルは、生理学的にリアルな腫瘍内微小環境において、細胞間相互作用及び薬物反応のリアルタイムな視覚化及び定量評価を可能にします。
このシステムは、微小血管系における循環、血管壁を越える輸送、腫瘍への薬物動態などの解析を可能にします。

ナノポリマーA及びBを、どちらも直接腫瘍細胞にトランスフェクトすると、均一なGFP発現を伴うことを示した。
それに対し、SynVivoの血管内流路に注入すると、ナノポリマーAのみ腫瘍のGFP発現を示した。これはin vivoで観察された結果と一致した。

※1
※1
マイクロ流路ネットワーク
マイクロ流路ネットワーク

SynRAM 3D炎症モデル

SynRAMモデルは内皮細胞と共培養された組織腫瘍細胞の細胞組織形態によって、生理学的にリアルなモデルを作製します。
SynRAMはローリング、接着パターン、遊走過程において、in vivoと優れた相関を示します。

インヒビターの存在下では、遊走が顕著に低下する(75%超)。
インヒビターの存在下では、遊走が顕著に低下する(75%超)。

必要構成品例

シリンジポンプ
シリンジポンプ
CO2インキュベータ―
CO2インキュベータ―
精密圧力レギュレーター
精密圧力レギュレーター
  • SynVivo®チップ
  • Tygon®チューブ(内径0.51mm X 外形1.52mm)
  • チューブクランプ
  • 1mL シリンジ
  • 24ゲージブラント針
  • ピンセット
  • ハサミ
  • シリンジポンプ
  • クリーンベンチ
  • 細胞培養用CO2インキュベーター
  • 倒立顕微鏡
synVivo

SynVivo,Inc.は、米国アラバマ州ハンツヴィルを拠点に、
バイオマイクロ流路チップを開発・製造している企業です。

製品のお問い合わせ・サンプルのお申込み

「SynVivo®」のお問い合わせ・サンプルのお申込みは下記よりお願いします。