NAKAYAMA

Dedicated Sales Division

お問い合わせ・デモ
お申込み

Livecyte: 新規Publicationのご紹介

Livecyteを使用した論文が新たに追加されました。

薬用にも利用される芍薬の“Rubra Plena”と“Pink Hawaiian Coralの2品種から各々クロロホルム抽出した成分をIGROV1細胞(ヒト卵巣癌細胞株)へ添加後、Livecyteで1時間ごとに計72時間タイムラプス観察して、細胞数やドライマスの経時変化を評価しております。

論文の詳細は下記をご参照ください。

“Root Extracts of Two Cultivars of Paeonia Species: Lipid Composition and Biological Effects on Different Cell Lines: Preliminary Results”. Calonghi, N. et al., Molecules, (2021). doi: 10.3390/molecules26030655

Livecyteの詳細はこちら