NAKAYAMA

Dedicated Sales Division

お問い合わせ・デモ
お申込み

主なラインナップ

Spinsolve Lineup

Spinsolve

Spinsolveの主なラインナップ

比較表

モデル カラー 測定各種 周波数 1H 50%
ライン幅
1H 0.55%
ライン幅
1H感度
(1%)
推奨設置
環境(温度)
寸法 本体重量
Spinsolve60 1H,19F 60MHz <0.5Hz <20Hz >200:1 20℃~25℃ 580㎜

430㎜

400㎜
60㎏
Spinsolve60Carbon 1H,19F,13C 60MHz <0.5Hz <20Hz >130:1
Spinsolve60Phosphorus 1H,19F,31P 60MHz <0.5Hz <20Hz >130:1
Spinsolve60Multi-X(13C,31P) 1H,19F,13C,31P 60MHz <0.5Hz <20Hz >130:1
Spinsolve80 1H,19F 80MHz <0.4Hz <15Hz >280:1 72.5㎏
Spinsolve80Carbon 1H,19F,13C 80MHz <0.4Hz <15Hz >200:1
Spinsolve80Phosphorus 1H,19F,31P 80MHz <0.4Hz <15Hz >200:1
Spinsolve80Multi-X(13C,31P) 1H,19F,13C,31P 80MHz <0.4Hz <15Hz >200:1
Spinsolve90Carbon 1H,19F,13C 90MHz <0.4Hz <16Hz >240:1 660㎜

450㎜

430㎜
115kg
Spinsolve90Phosphorus 1H,19F,31P 90MHz <0.4Hz <16Hz >240:1

※上記機種以外にも対応可能です。(詳細はお問い合わせください。)


Magritek

Magritek社は、ニュージーランドの首都ウェリトンに本社を置き、Sir Paul Callaghanによって2004年に設立されました。当企業は、コンパクトで革新的な技術を利用してNMRやMRIをより多くの場に提供することをミッションとしております。2007年以降、Magritek社は、ドイツのACT社と密接に活動を展開しました。ACT社は、優れたマグネットを製造する企業であり、その後2社は卓上型NMRを共同開発、2012年にはMagritek社のもと合併し、これによりドイツのアーヘンとNZのウェリントンにオフィスを構える国際企業となりました。2013年に卓上型NMR分光計Spinsolveシリーズを発表し、現在、グローバルな販売展開を行っております。
2016年、中山商事が日本の代理店として契約し販売を開始致しました。

製品のお問い合わせ・デモのお申込み

「Spinsolve」のお問い合わせ・デモお申込みは下記よりお願いします。